僕のベース・レッスンには、ビギナーからプロまでいろんなベーシストが来ます。人によってレベルも目標も好みも違うけど、皆さんの多くが学びたがるのは、テクニック的なことだったり、リズム/グルーヴだったり、スケールだったり、フレーズ作りだったり。そういうのの多くは、「どうやって音を出すか」「どんな音を出すか」ということなんですね。つまり「音を出す技術」。

ところが、ほとんどの生徒さんに共通する課題があります。それは「音を出さない技術」。もう少し具体的に書くと、不要な開放弦をミュートする技術です。

これ、ベーシストにとってとても大事なスキルなんですね。というか「ピックアップやマイクで音を拾い、アンプやPAで音を増幅する弦楽器プレイヤー」なら誰でも必須のスキルです。

マイクもアンプも使わないで完全にアコースティックなライブ演奏をする場合は、どちらかというと「いかに音を出すか/いかに後ろの客席まで届かせるか」が大事なスキルになります。不要な弦が多少共鳴しても、客席に聴こえるほどではないケースがほとんどだと思うので、不要弦のミュートはそこまで気にしなくてもいいかもしれない(誤解を避けるために書いておくと、基本的にはミュートすべきです。エレクトリック楽器ほど神経質にならなくていい、という意味)。

でも、「音を増幅する弦楽器」で不要な開放弦が共鳴してしまうと、それが小さな音量だったとしても、その不要な音も増幅されてスピーカーからしっかりと出てしまうんですね、困ったことに。また、特にライブやスタジオでのバンド・リハーサルの場合、アンプやモニター・スピーカーやメインスピーカーから大きな音量が出ていて、それが不要な開放弦の共鳴を起きやすくしているわけで、下手をすると開放弦のフィードバックが起きてしまったりするわけです。

無駄な音が鳴ってしまったら、当たり前だけど音が濁る。ギターでもベースでもそれは困る。特にベースは困るんです。なぜか。そもそもベースが担当する低音域は、協和音(比較的きれいに響く和音)であっても濁りやすい音域なわけです。ましてや不協和音ならなおさら。それもあって、ベースのフレーズは基本的にはシングル・ノートが多いわけです。そのシングル・ノートを明確に響かせるためにも、不要な弦のミュートは必須なんですね。

不要弦のミュートは、ちゃんとできたとしても誰も気づかない、地味なスキルです。そこを評価されることはありません。誰も褒めてくれません。なぜなら基本中の基本だからです。でも、できていないと気づかれてしまう。そして低い評価を受けてしまう。なぜなら、何を弾いても、どんな奏法で弾いても、どれだけ指が速く動いても、不要弦のミュートができてないと台無しだからです。

ということで!

ベース・マガジン2014年5月号に、その不要弦のミュートをテーマにした記事を書きました。
うまいベーシストの常識!
フォームで覚える“ミュート”の極意
ってタイトルです。あ、タイトルは編集部さん作成です(^_^)
奏法特集、ということで10ページの長尺記事です。CD対応ということで、音源も録音しました。

左手による基本のミュート、指弾きの場合のミュート、ピック弾きの場合のミュート、スラップの場合のミュート、そして多弦ベースに関して、などなど、いくつかのケースを想定して、エクササイズ用の練習フレーズを用意しました。そして、そこで使う右手のフォームや、左手のフォームを、写真やダイアグラム(図)で解説しました。応用フレーズも載せました。
CD音源には、それぞれのフレーズの模範例とNG例を収録しましたよ。NG例では、不要な開放弦が鳴りまくって恐ろしいことになってます(笑)。ちょっと人様に聴かれたくない演奏ですが・・・(^_^;)

いや〜〜〜、ベース・マガジン4月号に続き、2ヶ月連続で特集記事を書くのは大変でしたが、実にやりがいのある作業でした。

4910179490549-thumb240x
2014/4/19発売
1,234円
■奏法特集2 (CD対応)
うまいベーシストの常識!
フォームで覚える“ミュート”の極意
“出したい音をいかにキレイに出すか?”が楽器最大のポイントであるが、その大きな要素となるのが“弦のミュート”である。不要な音を鳴らさないことで音の濁りや音程が不明瞭になる点を抑えるわけだが、いろんな状況に合わせて、さまざまな手法を織り交ぜて帝王していくことが必要になる。そこで、今回は、さまざまな手法を紹介。写真などを使用することで、詳しく解説する。

ということで、皆さん、ぜひベーマガ5月号、ゲットして記事を読んで下さいね!!!
よろしくです〜〜〜〜〜〜〜!!!!

もっと詳しく実践的に学びたい人は、個人レッスンをどうぞ。それぞれのレベルや方向性に合わせて、個別で具体的な内容のレッスンをしています☆
レッスンの詳細はコチラ

読んでいただきありがとうございます。シェア/フォロー/いいね!/コメントをしていただけるととても嬉しいです!